チュードルはダサい?その真相に迫る

チュードル n級品はダサい?その真相に迫る

チュードルとは?

チュードルは、1926年に創設されたスイスの高級時計ブランドです。ロレックスの創業者ハンス・ウィルスドルフが、 affordable luxury(手頃な価格の高級品)をコンセプトに立ち上げました。

チュードルはダサいと言われる理由

近年、チュードルは「ダサい」という評価を受けることが多くなりました。その理由として挙げられるのが、以下の3点です。

ロレックスの廉価版というイメージ
チュードルはロレックスの廉価版と見られることが多く、ロレックスの下位ブランドという印象が強い。そのため、高級感やステータス性の面で劣ると考えられている。

デザインの古臭さ
チュードルは、ロレックスと類似したクラシックで保守的なデザインを踏襲している。そのため、時代にそぐわない古臭い印象を与えることがある。

知名度の低さ
チュードルはロレックスに比べると知名度が低く、一般層にはあまり知られていない。そのため、時計に詳しくない人からは「聞いたことがないブランド」と認識されやすい。

チュードルがダサくない理由

一方で、チュードルには「ダサくない」という評価も存在します。

堅牢性と信頼性
チュードルは、過酷な環境下でも高い堅牢性と信頼性を誇っています。アウトドアやスポーツアクティビティなどに適しており、実用的な高級時計として評価されています。

手頃な価格
ロレックスと比較すると、チュードルは手頃な価格で購入できます。エントリーモデルであれば、10万円前後から手に入れることができます。

歴史と伝統
チュードルは90年以上の歴史を持ち、多くの名作時計を生み出してきました。その歴史と伝統は、時計愛好家から高く評価されています。

まとめ


チュードルは、ダサいと評価される側面もありますが、ダサくないという評価も存在します。

ダサいと言われる理由は、ロレックスの廉価版というイメージ、デザインの古臭さ、知名度の低さです。一方で、ダサくないと言われる理由は、堅牢性と信頼性、手頃な価格、歴史と伝統です。

最終的には、チュードルをダサいと感じるかどうかは個人の好みによって異なります。しかし、上記の理由を踏まえた上で、総合的に判断すると、チュードルはダサくない高級時計と言えます。

チュードル 中古 激安で探す

チュードルの中古品をお探しの方は、ぜひJMTYをチェックしてください。手頃な価格で、状態の良いチュードルの中古品が多数出品されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です